機械学習による鋼管の劣化診断技術

機械学習を使った劣化自動判定

映像から抽出した特徴量と蓄積された技術者判断結果を、機械学習を用いて結びつけることにより、人に近い判定結果を得られる手法を開発。
鋼管内画像の展開図の自動生成と劣化度毎の面積を自動計算することにより、客観的に全体の状態を把握可能になる。

Contact

まずはお気軽にお問い合せフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ