設備健全度の試験結果のデータ分析

試験結果の1次判断を自動化し、「グレーゾーン」を定量化

  • 「明確な異常」は検査項目に対する「閾値」によって判断が可能であるが、それ以外の状態については属人的な判断に陥り、人によって2次診断を行うべきか否かの判断が分かれる
  • 統計モデルにより、正常 / 危険 / 異常の度合いを定量化することで、属人性を排除するとともに、「判断の根拠(拠り所)」を明確化する

Contact

まずはお気軽にお問い合せフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ